勃起薬の医学的名称

勃起薬

有名な勃起薬としては、「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」などがあります。

 

成分としてはバイアグラがシルデナフィル、レビトラがバルデナフィル、シアリスがタダラフィルといいます。

 

それらまとめて勃起薬といわれることもありますが、正式名称は「PDE5阻害薬」と言います。

 

この名前の由来を説明すると、勃起するためには一酸化窒素の働きによって、血管内に生成されたサイクリックGMPという物質が必要です。

 

しかし、PDE5がこのサイクリックGMPを破壊してしまいます。血管どんなに一酸化窒素が体内に増えても、PDE5が体内に多いと勃起しにくい状態になるというわけです。

 

実は勃起薬にはこのPDE5の働きを阻害するだけでなく、体内に一酸化窒素を増殖させる作用も併せ持っています。

 

なので、邪魔者を排除する役割と、勃起するためのプロセスを援護する役割の療法があるということです。

 

しかし勃起薬にも弱点があります。それは服用前後に食事や飲食をすると効果が激減してしまうということです。

 

性交をする前に食事をするというスチュエーションはよくあることかと思いますが、そのパターンでは勃起薬はあまり使えないのです。

 

そのようなときには食事の時間30分以上前に勃起薬を服用するのがいいです。

 

食事後ではほとんど効果が期待できないからです。

 

食事後でも大丈夫な勃起薬の開発

 

勃起薬として初めに開発された薬がバイアグラです。バイアグラは勃起薬の中でも有名で名前を知っている方は多いはずです。

 

バイアグラは、空腹時の服用でしか効果が期待できません。そこがデメリットに思っている方が多いようです。

 

このことから食事後でも服用できる勃起薬の開発が進み。

 

レビトラ・シアリスが開発されました。

 

レビトラ・シアリスはどちらも食事後に服用しても効果が期待できるお薬です。

 

しかし、勃起薬と脂肪分の相性よくありません。脂肪分が勃起薬の有効成分を包んで効果が期待できなくなる場合があります。

 

食事を少し脂肪分の少ない食事を心がけて勃起薬を服用しましょう。

 

性の悩みでEDとは少し違いますがサイズに悩む男性も多くいます、そんな男性にサイズプロウルトラというお薬があります。

 

サイズプロウルトラは、100%の天然素材ですので、副作用などの心配もなく、安心して使えるます。

 

じっくり精力アップをしたい人に

 

じっくり精力アップ

今夜の一戦に間に合わせたい、というほど緊急性がなくても、それなりに早く性機能を正常に戻したいと思っている人や、副作用が心配される強精薬を飲みたくない人で、それなりの即効性がほしいという人の場合、滋養強壮剤を服用するといいでしょう。

 

滋養強壮剤だけでも効果を実感できますが、健康補助食品と合わせて服用することで、相乗作用で高い効果が期待できます。

 

ローヤルゼリーなどはコレステロールを減少させる働きがありますので、血行が良くなり、自律神経が刺激されるだけでなく、精液の分泌も促しますので、性欲が高まるのと助けます。

 

滋養強壮剤の内服液でも組み合わせで確実性が上がります。その代表的なものがユンケルや赤まむしドリンクなどです。

 

ベッドインする直前に薬局に立ち寄って、これらの内服液をごくりと言うのが最も効果的な方法でもあります。実際には難しいですが。

 

確かにこれらの内服液にはそれなりの効果が認められており、即効性の面でも期待できます。しかし、強壮剤ほどの確実性はありませんし、単なる気休め程度だともいえます。

 

エックスビタホメオパ内服液

 

これはプラセナンドVと言う胎盤エキスが配合されている内服液です。対岸とは妊娠中の母親の子宮の中に胎児を繋いでおく臓器のことで、これを通して胎児は母親から栄養をもらっています。へその緒も胎盤の一部です。

 

この胎盤は、中国でも古くから秘薬中の秘薬として珍重され、不妊症や、生理不順などだけではなく、男女を問わずに心身の博也衰え、精力減退にも効果があるとされていました。

 

その効果は科学的にも臨床的にも証明されていて、そのエキスが含まれている内服液は、精力回復にも効果が期待できます。

 

フローパナックスアイ

 

これは植物生薬の中でも勢力に効き目があるとして有名なニンジンエキスが配合されている内服液です。

 

チオタミンキング

 

牛黄・鹿茸・反鼻・イカリ草と言った精力に効果があるとされている漢方薬と各種ビタミンやタウリンなどを加えた内服液です。

 

これらのような内服液を単独に服用したり、水の代わりにして、そのほかの精力剤と組み合わせることで、効果はさらに高まるでしょう。ただし、そのほかの精力剤と一緒に服用するときには、薬局に相談するようにしてください。


更新履歴